2011年 « トップへ » 2013年

2012年12月30日

寿司があなたの脳を破壊する!

"Sushi kills your brain"
Too much tuna can be bad for your brain.
12月4日の米国のニュースサイト""globalpostに上記のような記事が出ております。
「寿司があなたの脳を破壊する!マグロを食べ過ぎると脳に悪い。」
記事の出典はブリュッセル・ベルギーです。

寿司ネタに蓄積した水銀が脳を破壊するということであります。

海の食物連鎖の頂点にあるマグロやメカジキ、サメなどの大型の魚は食物連鎖の過程で、微量の水銀を含む小型の魚を中型の魚が、と摂取していく過程で徐々に水銀蓄積量が増えていくことであります。
大型の魚に含まれる水銀や有害金属の量が増えてきており、脳の発達障害といったさまざまな健康被害が起こるという報告書が発表されたからです。

12月7日に米国小児科学会(AAP)は、ワクチンの防腐剤として用いられる有機水銀の一種チメロサールの禁止を解く声明を発表しました。
平成17年に厚生労働省も同様な内容で発表しており「これからママになるあなたへ お魚について知っておいてほしいこと」と題する一般向けの冊子も出ております。

いずれにしろ結論としては、
魚の摂取について注意を惹起するが、
水銀の蓄積よりオメガ3脂肪酸の摂取が勝り、
ワクチンでは水銀の蓄積よりワクチンの接種のメリットが勝るとのことであります。

このような水銀などの有害重金属の蓄積による害は、自閉症や癌化など重篤なことから、ほとんど影響を受けない人まで反応は様々あることを認識することが重要であると思います。

総じて悪くないから摂取しても良いとは言えないのではないでしょうか。
一部でも重篤化する人がいることは確かなのであるから。
http://dent-implant.jp

2012年12月24日

クリスマス・イブ


打ち合わせなどで出勤しましたが、日中はいつもの街並みでしたが、
帰宅時には一変してました。
クリスマスのスイッチが入った人であふれており、華やかで、
気持を高揚させます。

先日、茶同会での床の間は羊皮紙に書かれたクリスマスの4線譜と、
キリシタンの紋章の入った器にポインセチアでした。

この趣には脱帽しました。

142412-DSC_0143.jpg142437-DSC_0145.jpg

2012年12月23日

師走

23日は12月の中でも、クリスマス直前と年末年越しの忙しさの前の一時が合間って、街が華やぐ時期です。
横浜のエリスマン邸でもライトアップされて、
寒空の中多くの人が集まりコンサートが開かれておりました。

本日の晩御飯は"ラマニ"です。
北海道以外では横浜にしかないスープカレーのお店です。
調子が悪い時にはカレーを食べることにしています。

いわゆるカレーは糖質制限的には最悪の食べ物ですが、インドカレー・タイカレー・スープカレーは小麦粉が少なく、野菜とタンパク質が多く取れて、スパイスに効いたカレーが食べたい時にはうってつけです。

http://dent-implant.jp
DSCN0215.JPG

師走

23日は12月の中でも、クリスマス直前と年末年越しの忙しさの前の一時が合間って、街が華やぐ時期です。
横浜のエリスマン邸でもライトアップされて、
寒空の中多くの人が集まりコンサートが開かれておりました。

本日の晩御飯は"ラマニ"です。
北海道以外では横浜にしかないスープカレーのお店です。
調子が悪い時にはカレーを食べることにしています。

いわゆるカレーは糖質制限的には最悪の食べ物ですが、インドカレー・タイカレー・スープカレーは小麦粉が少なく、野菜とタンパク質が多く取れて、スパイスに効いたカレーが食べたい時にはうってつけです。

http://dent-implant.jp
DSCN0215.JPG

2012年12月22日

青山神宮外苑歯科

早いもので青山・外苑前に移転開院して2週間経ちました。
おかげさまで本当に忙しく、ブログもままならない日々が続いております。
手続きはもちろんのこと、手術もあり、転勤のため期限付きの集中治療や海外からの患者など・・・・
目まぐるしく過ぎて行きました。

途中、所属する学会で発表もあり、突貫で演題を仕上げて疲労は積み重なり、
担当した午前中が終わり、弁当を食したら、ついに午後から急に喉がかすれ、咳も出てまいりました。

今はどうにか復調してまいりました。
食事と睡眠、あとは栄養素への配慮。

これからの季節、乾燥して風邪も流行ってまいりましたが、
重要なのは、ビタミンCと水分。それに余計な活性酸素を効率良く排除する意識を無くさないことだと思います。

http://dent-implant.jp

2012年11月30日

移転開業のお知らせ

秋も深まり、絶好の季節を迎えました。皆様にはお元気にご活躍のことと存じます。
当院は、朝日ビル解体に伴い青山外苑前へ移転開業することになりましたので、お知らせいたします。

◆移転開業先
名称:青山神宮外苑歯科(移転に伴い、名称を変更します)
住所:東京都港区北青山2-7-25 神宮外苑ビル8階


電話番号:03-3405-6480

設備:CT、手術用顕微鏡など数種類の新鋭の診断・治療機器で充実されます。
スタッフ:現在通院いただいている患者さんは、引き続き歯科医師・高野 仁男、歯科衛生士・大月幸生、新庄厚子の現スタッフが担当させていただきます。
現在のスタッフに歯科医師・田中 武、歯科衛生士・桐花 緑、歯科助手・吉澤 睦美、受付・上柳 綾子が加わります。

◆移転日
2012年12月1日(土)まで現在の診療室で診療したします。
2012年12月8日(土)から新診療室で診療開始いたします。
さらに詳細が決まりましたら、あらためて連絡させていただきます。

青山神宮外苑歯科(旧:タカノデンタルクリニック) 高野 仁男

2012年7月 9日

Dr.高野ならではの【日帰り治療】

日帰り治療

心体に負担を伴う手術などでも、日帰りで治療を終えることができます。

それは、患者さんに安心して治療を受けていただきたいから。

午前中に手術を受けていただき、自然治癒力が高まるリラクゼーションサロンで緊張をほぐしていただいている間に、新しい歯を作成いたします。遠方から来院される方も、手術とともに入れ歯から開放されたい方も、手術を受けた日から日常生活を送ることができます。

海外や遠方よりお越しの方には、提携する宿泊施設のご案内も可能です。また、ご自宅の近隣で歯科医院をお探しの方には、国内外問わずお近くの信頼できるクリニックをご紹介させていただきます。

ルミネアーズ(LUMINEERS)

ルミネアーズ(LUMINEERS)は歯の表面に極薄の強化セラミックの膜を貼り付ける方法です。審美的に美しく健康的な永続性のある歯を2回の来院回数で行うことが出来ます。

ルミネアーズ

従来のラミネートべニアとダイレクトボンディングを長所を上手く取り入れた治療方法です。多くのラミネートベニアの治療方法の場合は歯を薄くですが、削っておりましたが、ルミネアーズの場合は全く、あるいは殆ど削らなくて治療できます。麻酔も基本的に不要なケースがほとんどです。

ルミネアーズは、変色した歯や並びの悪い歯など様々な状態に対して審美的な解決方法の選択肢となります。

ルミネアーズルミネアーズは薄いセラミックで、コンタクトレンズの厚みほどの薄さで、歯の表面に貼り付けます。殆どの場合は、歯を削る必要がまったくありませんので、薄い膜のセラミックを歯の表面に被せていくだけです。

ルミネアーズのための専用材料

ルミネアーズルミネアーズには、ルミネアーズのために開発された専用の器具と材料があります。専用の接着剤であるセメントやセラミック処理薬品、専用ライトなどもあります。

着色歯や歯並びが悪いなど様々なケースに対応できますので、安心して治療を受けていただくことができます。

この審美治療のメリット

ルミネアーズ殆どの場合、ルミネアーズは天然歯を削る必要がないため、麻酔は不要です。必要な場合も最小限の麻酔のみですみます。

ラミネート素材は、天然歯の表面のエナメル質全体に専用の材料で接着されるため強度と安定性に優れています。 臨床的にも、20年以上の耐久性があることが認められています。

ルミネアーズはその製造が独占所有権で守られており、認定を受けた歯科医師のみが取扱いを認められています。 従って、技術的に未熟な歯科技工士によって安価に製造された商品を、歯科医が使用することは出来ないのです。

強化セラミック素材を天然歯の表面のエナメル質に貼り付けるための接着剤は、歯科業界でも最も強靭なものです。 ルミネアーズは一旦歯に接着されると、その強固で耐久性の高いことで注目されています。

ルミネアーズを使用する際の前提条件

ルミネアーズ・ルミネアーズを装着する歯に虫歯がないことと、歯周病がないこと。

・歯の詰め物がある箇所にルミネアーズ治療をする場合は、詰め物の状態で良いこと。

・何度も治療を受けた歯は、ルミネアーズ治療をするよりも、審美的にセラミッククラウン等の方が最善の場合があります。

・ルミネアーズは薄く土台となる歯の色調など状態を反映します。状態の良い歯と合わせる事により永続的に美しい状態が保たれます。

・歯の状態によってはセラミッククラウンやラミネートべニアを組み合わせて行う場合も有ります。

スナップオンスマイル(Snap-on Smile)

●出来るだけ少ない回数で多くの歯の見た目を改善したい
●人前に出ると自分の歯が気になって仕方がない
●歯並びや歯の色調を全て良くしたい
●インプラント治療中も審美性を重視したい
●義歯もインプラントも避けたい
●歯医者は怖く、麻酔はもちろん削るのも怖い

スナップオンスマイル

スナップオンスマイルは手軽に上記のような悩みを解決することが出来るかもしれません。

スナップオンスマイルは歯をほとんど削ることなく、樹脂性の取り外しのできるマウスピース型のクラウンやべニアを装着することにより、理想の審美性を得る事が出来ます。必要な時に装着することにより見た目を改善して、家に帰れば外してリラックスすることが出来るので、歯や歯周組織に負担をかける事がありません。

・部分的に歯を抜いたものの、自分の歯を削るブリッジや手術を伴うインプラントは避けたい。
・義歯を作ったものの全く使用していない。
・歯が無い状態で時間が経ってしまい空気が抜けて喋りづらい。

入れ歯かスナップオンスマイルか

スナップオンスマイルスナップオンスマイルは機能的かつ審美的な目的を果たすことが出来て、義歯の代わりに使用することもできます。

義歯の様に自分で取り外して掃除をすることができます。しかし、スナップオンスマイルは自分の歯と失った歯を全てカバーしますので、義歯より違和感が少なく連続した美しい見た目を得られます。

顎関節症や歯ぎしりが強い患者にも適応され、自分自身の歯にかかる負担を分散することが出来ます。

<治療例>
スナップオンスマイル

審美治療

1.ダイレクトボンディング
修復する治療が小さい場合や咬む時に大きな力がかからない場所に用います。必要な個所をコンポジット・レジンと言われる材料を詰めて治します。前歯や奥歯など適応が広いのが特徴です

2.ワンデイベニア(One hour Veneers)
審美性が重要視される前歯で小さな虫歯等を治すとツギハギの様なラインが入っていませんか?ワンデイベニア(One hour Veneers)では数十種類の形と色調から成る既成の薄いセラミックを自分の歯に合わせる、1時間程で治療してしまうラミネートべニアの新しい方法です。

コストと時間、さらに歯を削りたくない方や痛いのが苦手と言う方にはお勧めします。

3.ホワイトニング
歯のクリーニングを行い、汚れを取り除いた後に1時間程で歯を白くします。より白く、より痛くなく刺激の少ない薬剤で行います。

クリーニング・歯周治療

一回治療忙しい中でも歯茎の状態や歯の汚れは気になるものです。90分程の時間で、歯肉の状態を良くするために超音波の器具やアミノ酸などの薬剤を用いて、しっかりと原因となる汚れを取り除きます。

汚れを取り除いたままですと、すぐにまた着色を起こしてしまいますので、歯を磨きあげてツルツルにしてから、歯茎をマッサージしてすっきりとさせます。

インプラント治療

一回治療口腔内の状態が良ければ、インプラントの手術を受けた当日に仮歯を入れる事ができます。

基本的にはインプラントの手術を受ける、全ての方が1日治療の適応になるのですが、生物学的に通常は下の顎のインプラントであれば6週間以上。上の顎であれば12週間インプラントの手術を行った後に仮歯を入れずにおきます。

しかし、前歯や無歯顎など必要に応じて1日でインプラント手術から仮歯までおこないます。通院時間が限られているなど、どうしても歯が必要な方は適応です。

2回治療・少数回通院治療

全ての審美治療や義歯等が2回程で完了することが可能です。諸外国からや長距離を経て通院してくださる場合は少数回で終了することが可能です。1回の治療時間を十分に時間を取らせていただきます。

また回数が増えてしまう場合や時間がかかってしまう場合は仮歯をしっかりと作ることにより、QOLを下げる事無く治療を受けて頂く配慮を十分に行いながら治療を進めてまいります。

治療回数を減らすための条件

一回治療まずは十分に治療方針について話し合う時間は必要です。

「ローマは一日にして成らず」
急に来院して治療を終結することは不可能な場合もあります。予約時にワンデイ・トリートメントなど治療回数等の希望を伝えて下さい。

2012年6月26日

水無月

夏至が過ぎて、6月30日は夏越祓です。
年に6月と12月の大祓は、半年のあいだ身に積もった罪やけがれを祓い清める神事です。

京都では夏越祓に「水無月」という和菓子を食べる習慣があります。
茶道をされていらっしゃる方は、この季節には「水無月」を口にされることでしょう。

水無月は白のういろう生地に小豆を乗せ、ひし形の菓子であります。
水無月の上の小豆は悪霊ばらいの意味があり、
三角の形は暑気を払う氷を表していると云われているそうです。
すっきりした甘さで、暑い日も涼しげに感じさせてくれます。

過ぎた半年に感謝と反省をこめて、ひと足早く頂きました。
赤坂・塩野の「水無月」でした。

ちなみに夏至のこの時期は紫外線が一年で一番強いので、梅雨の晴れ間には気をつけて下さい。
思わぬ日焼けに注意です。
http://dent-implant.jp
2012_0626_.jpg

2012年6月 9日

LUMINEERS2

近年、米国では審美歯科治療の選択肢としてラミネートべニアと同様にルミネアーズと言う方法があります。
○麻酔を刺さない。
○削らない。
○痛くない。
と歯科に通う上で3大苦痛を出来るだけ回避する手段として、ルミネアーズはあります。

先日米国で行われたDenMat社のセミナーで、講師として参加されていたカリフォルニア州サンタマリアで開業されているDr. Ouelletに直接、多くの質問をさせて頂く機会がありました。
審美治療を行う際には、ルミネアーズはラミネートべニアと同じであると考えていましたが違いました。
根本的に治療概念が違うものだと感じました。
一般的に審美歯科ですとセラミック・クラウンやラミネートべニア、ダイレクトボンディングが治療方法の選択枝であるのですが、べニアとダイレクトボンディングの間を埋める上でルミネアーズのコンセプトは不可避であると感じました。

あえてルミネアーズ・コンセプトと言わせていただくのはルミネアーズが世に出た2000年頃には0.3mm以下の薄さに出来るセラミックが強度的に無かったのですが、最近は匹敵する審美性と強度を持ち合わせる材料が他社からも出てきております。
それにともないルミネアーズもバージョンアップしてルミネアーズ2となり強度と透明感が格段に上がりました。

しかしながら、どんなに良い材料が出てきても、このルミネアーズ・コンセプトを理解していないと同じ様な治療は出来ません。
出来るだけ削らず、痛くない治療をする上で必須の知識と技術になります。
ハードスケジュールでしたが、気さくにさまざまな質問に答えてくださったDr. Ouelletに会えたことはとても有益でした。
http://dent-implant.jp
LM.png

2012年6月 3日

身近な偉人

今日は1カ月ぶりの休日でした。
普段、車で10分程の所を天気も良かったので、散歩がてら電車と徒歩で向かいました。

そこはTUTAYAのレンタルビデオ屋と本屋にスターバックスが併設されている、
だらだら休日には打ってつけの場所です。

向かう途中に工事現場の脇を歩きながら、無機質な白い塗装を施した鉄板の「仮囲い」に、様々な、イサムノグチなどの名言が記されておりました。

ほどなく歩きながら読み進んでいると目に留まる言葉がありました。
「見えないものを見ようとする、それは我々が備えるべき手段だ。力だ。」

科学も知識も芸術の全てに対して、かくあるべきだと共感出来る言葉でした。
そこで読み進み、文末の名前を見ると、どこかで見覚えある名前・・・間違いない!友人ではないか!

「米田知子」さんはロンドンを拠点に世界で活躍している写真家です。
現在はヘルシンキに居ますが、今春までイベントで東京にいました。

合えば写真の話はせずに他愛もない話で時間が過ぎますが、まさかここで出あうとは驚きです。
来年は国立新美術館で個展があると聞いています。
秋に日本に戻ると言っていた偉人に会える日を楽しみにしています。

物事全ては見ようとする気持ちがないと見えません。
走っていると見えないことも、歩くと見えることもあります。
その気持ちを持ちながら。
http://dent-implant.jp
IMG_0107.JPG

2012年5月28日

削らない治療・痛くない治療

誰でも歯を削らずにすむのならば、そうしたいものです。
しかし現実的には虫歯があれば歯を削り、歯を綺麗にするのに歯を削ります。
歯を削れば、周りから再び着色や虫歯などになる可能性は高くなります。

出来るだけ歯を削らない。
削らなければ痛くない治療になります。
削らずに、痛くなければ皆が喜びます。
長期的な予知性も高くなります。

この1週間は予定を移動していただいたりして多くの患者さんにご迷惑おかけしましたが、
おかげさまで歯科先進国の1つであるアメリカで多くのことを学ぶことが出来ました。

また、日本から一緒に参加しました松尾通先生や津田忠正先生など多くの先生方との交流も非常に有意なものでありました。

時代は編曲点にあります。
今までの概念を変えなくてなりません。

今回の研修旅行に公私共にご協力いただいた皆様、
本当にありがとうございました。
http://dent-implant.jp
DSCF7454.JPG

2012年5月20日

ある日の真実が、永遠の真実ではない

本日は所属するIVC研究会主催のセミナーがありました。
今回は講師として参加させていただいたのですが、
簡単に言うとビタミンCが如何に我々の身体に関与していて、
疾患治癒との関わりも持っているのか。
ビタミンCをどのように治療にとり入れていくのかと言った事がテーマでした。

昼食の時にセミナー会場の隣のレストランに掲げられていたのがこの言葉でした。
「ある日の真実が、永遠の真実ではない チェ・ゲバラ」

医学は日進月歩です。毎日何百の論文や報告が出てきます。
今日の常識が明日の非常識になるかもしれません。
常々治療に対して手技・知識の真偽を確認しながら進めて行かないと、
とんでもないことになりかねません。
新たな知識を学ぶ機会で、この言葉に会ったのは、
非常に意味深いタイミングだと思いました。
http://dent-implant.jp
2012_0520_152229-DSC_0081.jpg

2012年5月 4日

渋滞前の食事

最近大きな交通事故が取りざたされておりますが、大型連休と相まって事故に合う危険性が高い渋滞に挑んでいかれる方も、不意に渋滞に巻き込まれてしまう方もいるかと思います。

渋滞で眠くなり、前の車に追突してしまいそうな危ない思いを経験された方は多いかと思います。

そこで長距離の運転に向かう前の腹ごしらえや、ドライブ中にサービスエリアで食事を摂る時にはご飯物の和食を中心に摂られた方が良いかと思います。
特にパンなどの小麦や卵、バナナ、乳製品は知らずにアレルゲンとなっている可能性もあり、摂取すると眠気を誘い重大な事故を誘うかもしれません。
出来れば「おにぎり」など当たり障りないものでドライブ中はしのいで、ご馳走は現地に到着して肩の荷が下りてからにしてください。
http://dent-implant.jp

2012年2月 6日

歯のスペシャルクリーニック

歯のスペシャルクリーニック何時までも通院されていても歯周病が改善されない方や納得できない方に。

クリーニング⇒スケーリング⇒エアー・フロー⇒PMTC⇒歯のコーティング⇒歯肉への薬剤塗布⇒歯肉マッサージ
を組み合わせて、必要な処置を歯肉の状態に合わせて行わせていただきます。歯周病のハイリスク患者さんにはカスタムトレーを用いた除菌慮法や抗酸化療法や栄養療法なども取り入れながら、治療を勧めてまいります。

A : クリーニング⇒スケーリング⇒PMTC⇒歯肉への薬剤塗布
B : クリーニング⇒スケーリング⇒PMTC⇒歯肉への薬剤塗布⇒歯肉マッサージ
C : クリーニング⇒スケーリング⇒エアー・フロー⇒PMTC⇒歯肉への薬剤塗布(カスタムトレーなど)⇒歯肉マッサージ


2011年 « トップへ » 2013年


診療医院一覧